タグ別アーカイブ: 南フランス、プロヴァンス、オススメワイン

南仏プロヴァンスのワインと料理の特徴&オススメワイン7選

フランスワイン

どうも!!ワインアドバイザーのはぎおまさるです! 日本全国津々浦々、転勤で住み歩き飲み食べ歩いた経験から、ヘルスケア情報・グルメ・ワイン情報などを発信しています。還暦を迎え益々元気です! 専門はワインです! 世界を股にかけて探し回る日々、今回は 南フランスを実際に訪れた際の情報を発信します。 「南仏・プロヴァンスのお薦めワイン7選」!   フランスワインって、いろんな意味で「お高い」と思っていませんか? 確かに有名シャトーがある「ボルドー」や 「ブルゴーニュ」 「シャンパーニュ」 には「お高いワイン、おフランス料理」が確かに存在します。   しかし、同じフランスでも南フランスへ目を向けると、とてもコストパフォーマンスの高い、リーズナブルなワインや料理があります。     そんなワインや料理を実際に南フランス(コートダジュール~プロヴァンス~コートデュローヌ)を周遊して来た体験を基にご紹介しましょう。   南フランス、プロヴァンスのワインと料理の素晴らしさを伝授します。   プロヴァンスって何処? プロヴァンス地方は、南フランスにあります。   プロヴァンス地方は、イタリアとスペインに挟まれた要衝の地にあり、古代ローマ以来、幾多の王国が足跡を残しています。   海岸、山脈、渓谷などの変化に富んだ風景とともに数々の遺跡や歴史的建造物が迎えてくれます。   ジャンレノの「プロヴァンスの休日」はご覧になりましたでしょうか?   我々がプロヴァンス地方へ行くには、成田空港から18~20時間強のフライトをして、コートダジュール国際空港を利用するのが一般的です。   パリから陸路TGVに乗車する方法もありますが、ほとんどの方(プロヴァンス含めた南フランス旅行者)の到着地は、「コートダジュール国際空港」となります。   コートダジュールがプロヴァンスの玄関です   コート・ダジュール(フランス語: Côte d’Azur)は、南フランスに所在する、風光明媚な保養地として知られる海岸。トゥーロンを西端、イタリア国境を東端とする地中海沿岸の一帯を指します。   モナコにも足を延ばせます。 ✈成田から20時間、コートダジュール空港に早朝に到着した私と妻は、待ち受けてくれたガイドさんの車で一路🚙ニースへ。   そこはあまりにも有名な世界のヴァカンス地・保養地なのでした。   ニースではホテル「メリディアン」に宿泊。   玄関を出るとそこは海、プロムナードザングレという海岸通り。   パリとは違い都会の喧騒から解き放たれ、人々は蒼い海、紺碧の空の下、のんびりと行き交い、さすが、世界のヴァカンス地・保養地なんだなあ!と、誰でも体感するのです! ニースがプロヴァンスの中心地   ニースには3泊滞在、何件か地元のレストランへ足を運びました。   美味しかったぁ!ガイドさんの紹介で訪れたのですが、案の定、MENUがさっぱり読めず一苦労。   でもでも、パリと違ってみんなニコニコ、親切です!身振り手振りの注文に、にこやかな応対、感激!料理のMENUで読めたのは、「ニース風サラダ」と「ラタトゥィユ」くらいかな。     ワインと料理については以下にまとめて紹介します。さて、本題(本職)です! プロヴァンスのワインの特徴 有名なワインはロゼワイン フレッシュでフルーティなピンク(ロゼ)のワインが、陽光降り注ぐリゾート地にピッタリ良く合うのです。   ロゼワインが70%、赤ワインが25%、白ワインが5%。   南部(コートダジュールの海岸線に沿ってマルセイユからニースに至る海岸線地域)と、北部(エクスアンプロヴァンスからトゥーロン、ドラギニャンまでと、内陸部のモール山脈まで)に広がるとても広い地域で造られています。最も特徴を表しているのがロゼワインで、プロヴァンスと言ったら「辛口ロゼワイン」、と言っても過言ではありません。ほぼ辛口ワインです。   フランスだけどイタリア系のブドウ品種   《ロゼワイン》フレッシュ&フルーティ、なめらかで芳醇なコク、ミネラル感のある丸みのある果実味。ブドウ品種は「グルナッシュ」「クレレット」「ロール」など。   《白ワイン》フレッシュで爽やかさを感じる果実味きめ細かく優しいタンニン。   ブドウ品種は「クレレット」「ロール」「ユニブラン」など。   《赤ワイン》フルーティーさの中に、力強い果実味。   ブドウ品種は「カリニャン」「サンソー」「グルナッシュ」「ムールヴェードル」「シラー」など。   これら地中海性のブドウ品種から造られるワインがプロヴァンスの郷土料理にピッタリ合うのです。   そしてその郷土料理は、私たち日本人の口にもとてもよく合うのです。   後述「プロヴァンスの料理」参照ください。   プロヴァンスワインの9つのAOC(格付) ①カシー(CASSIS) ②バンドール(BANDOL) ③パレット(PALETTE) ④ベレ(BELLET) ⑤コートドプロヴァンス(COTES DE PROVENCE) ⑥コトーデクスアンプロヴァンス(COTEAUX D’AIX-EN-PROVENCE) ⑦レ・ボー・ド・プロヴァンス(COTEAUX DES BAUX-DE-PROVENCE) ⑧コトー・ヴァロア(COTEAUX VAROIS EN PROVENCE) ⑨コトー・ド・ピエールヴェール(COTEAUX DE PIERREVERT) オススメのワイン7選 ①カシー ロゼ クロ・サント・マグドレーヌ カシー ロゼ [2017] クロ・サント・マグドレーヌ    楽天市場で見てみる Amazonで見てみる Yahooショッピングで見てみる ②バンドール ロゼ クール ド グラン シャトー ロマサン バンドール ロゼ クール ド グレン シャトー ロマサン    楽天市場で見てみる Amazonで見てみる Yahooショッピングで見てみる ③シャトー・シモーヌ・パレット・ルージュ シャトー・シモーヌ・パレット・ルージュ    楽天市場で見てみる Amazonで見てみる Yahooショッピングで見てみる ④ミラヴァル・ロゼ コートドプロヴァンス ミラヴァル・ロゼ(コート・ド・プロヴァンス・ロゼ)   楽天市場で見てみる Amazonで見てみる Yahooショッピングで見てみる ⑤コトーデクスアンプロヴァンス シャトードヴォクレール シャトードヴォクレール    楽天市場で見てみる Amazonで見てみる Yahooショッピングで見てみる ⑥ドメーヌ・オベット レ・ボー・ド・プロヴァンス キュベ・アメジステ ドメーヌ・オベット レ・ボー・ド・プロヴァンス キュヴェ・アメジステ   楽天市場で見てみる Amazonで見てみる Yahooショッピングで見てみる ⑦ミラヴァル コトー・ヴァロア アン プロヴァンス ミラヴァル ブラン コトー ヴァロワ アン プロヴァンス   楽天市場で見てみる Amazonで見てみる Yahooショッピングで見てみる プロヴァンスの料理 ①タプナード(Tapenade) アンチョヴィ、黒オリーブ、ケッパーのペースト。プロヴァンス地方が発祥なんです。タプナードには黒オリーブを使用した黒のタプナードと、緑オリーブを使用した緑のタプナードの2種類があり、黒のタプナードの材料は、黒オリーブ、アンチョビ、オリーブオイル、にんにく、ケッパーのピクルスなどで、緑のタプナードの材料は、緑オリーブ、松の実、粉末アーモンド、にんにく、ケッパーのピクルスなどがあります。コートドプロヴァンス(COTES DE PROVENCE)等とよく合います。 ②サラド・ニソワーズ(Salade Niçoise) ニース風サラダです。ゆでたじゃがいもやさやいんげん・トマト・オリーブ・ゆで卵・アンチョビー・ツナなどを用い、フレンチドレッシングで和えて作るサラダです。   ベレ(BELLET)と合います。 ③ラタトゥイユ(Ratatouille)     日本でもお馴染みの野菜の蒸し煮、ラタトゥイユです。 玉ねぎ、ナス、ピーマン、ズッキーニといった夏野菜をにんにくとオリーブ油で炒め、トマトを加えて、ローリエ、オレガノ、バジル、タイムなどの香草とワインで煮て作ります。   うまみを出すためにベーコンなどの肉類を入れたり、セロリ、唐辛子を用いる工夫があります。   そのまま食べるか、パンと共に食べたり、パスタソースにすることもあります。   コートドプロヴァンス(COTES DE PROVENCE)のロゼワインとよく合います。 ④ブイヤベース(Boullabaisse)   ご存知、「ブイヤベース」とは、南フランスの漁師町の郷土料理です。   魚,エビ,カニ,貝などの魚介類を材料として,オリーブ油,ニンニク,サフランなどで味と香りを出して煮たボリュームのあるスープです。   通常,あらかじめ切ったパンを入れた皿に盛り,魚料理を兼ねて供されます。   カシ(CASSIS)が合いますが、すべてのプロヴァンスワインで合わせられます。 南仏プロヴァンスのワインと料理の特徴&オススメワイン7選 まとめ プロヴァンスって何処? コートダジュールがプロヴァンスの玄関 ニースがプロヴァンスの中心地 プロヴァンスのワインの特徴 有名なワインは辛口ロゼワイン フレッシュでフルーティなピンクのワインが、陽光降り注ぐリゾート地にピッタリ良く合う フランスだけどイタリア系のブドウ品種 9つのAOC(格付) オススメワイン7選 プロヴァンスの料理 ①タプナード(Tapenade) ②サラド・ニソワーズ(Salade Niçoise) ③ラタトゥイユ(Ratatouille) ④ブイヤベース(Boullabaisse)   コートダジュール、プロヴァンス、ニース、と聞くと、ヴァカンス・保養地のイメージがあまりにも強くて、ワインのイメージが薄いのですが、実は歴史もあり、フレッシュ&フルーティな辛口ロゼワイン。   コストパフォーマンスも抜群であり、しっかりとした味わいは、郷土の飾らない料理にピッタリ。日本の食文化・魚介類にもとてもよく合うのです。   特には、ブイヤベースで合わせてみてください。   そして、機会があれば是非、行ってみてくださいね。   ちなみにフランス語はある程度、「片言だけでも構いませんので」話せた方が絶対にいいです!   私はここで学びました!   実践的でオススメですよ!!   最後まで見ていただいた方へ ちょっとした ご褒美を差し上げましょう。   なぜ、ご褒美かというと、 私のように好きな時に ふらっと、海外旅行が出来るようになります。   ただし皆が皆、お金持ちになってしまうと困ります・・・。??   リストラ→転職→なにをやっても駄目な男のちょっとした サクセスストーリーに興味あります??   恥ずかしながら過去の失敗から現在に至る私の物語は → こっそりコチラです。続きを読む