スペインワインを代表する「シェリー酒」入門 徹底解説(保存版)

 

ワイン業界に30数年携わっている筆者が徹底的にシェリーについて解説いたします。

シェリーとかシェリー酒と日本では呼ばれていますが、これを知るにはまず、スペインの以下8つの地域を知ることが必要です。

 

楽~に楽しみながら覚えてください。

 

決して難しいワインではありません。

 

ただし、当たり前ですが飲まないと味がわからないので覚えません!

 

スペインワインの8つの産地

リオハ地方

カタルーニャ地方

バスク地方・ナバーラ地方

ガリシア地方・アストゥリアス地方・カンタブリア地方

カスティーリャ・イ・レオン地方

カスティーリャ=ラ・マンチャ地方

アンダルシア地方

カナリア諸島・バレアレス諸島

 

「シェリー」は、アンダルシア地方アンダルシア州で生産され、

ポルトガルの「ポートワイン」

「マディラワイン」

とともに、

 

世界三大酒精強化ワイン

 

といわれています。

 

 

その「シェリー」を皆さんどのくらい知ってますでしょうか?

 

なかなか日本の食卓へ出現する機会が少ないワインです。

 

 シェリーって何?

シェリー(シェリー酒)はワインです

シェリーとは、主に食前酒や食後酒として飲む「ワイン」です。

カクテルのベースとしても使われます。

 

一般的に食前酒というと「辛口」ですが、シェリーには、辛口~極甘口まで様々なタイプがあります。

 

アルコール度数の高い「酒精強化ワイン」と呼ばれているワインです。

 

 

もともと現地では「シェリシュ」と呼ばれていたのですが、

英語で「シェリシュ→シェリー」、

スペイン語で「シェリシュ→ヘレス( Xerez)」

フランス語で「シェリシュ→ケレス(Xérès)」

日本では「シェリシュ→シェリー酒」と派生してます。

 

イギリスで売れたので「シェリー」が一般化されています。

 

ここでも説明の便宜上「シェリー」で統一することにします。

 

 シェリーの生産地 アンダルシア州

 アンダルシア州の8つの県

アンダルシア州には、8つの県(県都)があります。

「アルメリア県(アルメリーア(Almería))」

「カディス県(カディス(Cádiz))」

「コルドバ県(コルドバ (Córdoba))」

「グラナダ県(グラナダ(Granada))」

「ウエルバ県(ウエルバ(Huelva))」

「ハエン県(ハエン(Jaén))」

「マラガ県(マラガ(Málaga))」

「セビリア県(セビリア(Sevilla))」です。

 

 

アンダルシア州の10の自治体

そして、10の自治体があります。

「セビリア」

「マラガ」

「コルドバ」

「グラナダ」

「ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ」

「アルメリーア」

「ウエルバ」

「マルベージャ」

「カディス」

「ドス・エルマーナス」です。

 

★シェリーは、アンダルシア州カディス県ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ

とその周辺の60社以上の製造工場で造られています。

 

製造方法

フロール(産膜酵母)

 
「産膜酵母」シェリーを造る際、最も重要なものです。
 
 
まず通常の白ワインを造るのですが、半年以上樽に入れたまま置いときます。
 
 
そしてワインの表面に浮かび上がってくる「膜」が「フロール(産膜酵母)」といいます。
 
 
これが、糖分を吸収してしまうのです。
 
 
そして辛口に仕上げていくのですが、へーゼルナッツや胡桃のようなシェリー独特の風味を与えるのです。
 

酒精強化

フロール(産膜酵母)によって造られたワインをタイプ別に変えていく工程です。
 
 
ワインにブランデーを加えて「酒精強化」していくのです。
 
 
フロールは、アルコール度数15%前後で活動しますが、17%までアルコール度数が上がると、活動が止まります。そうなるとフロールが消失し、空気に触れた状態が続き酸化熟成していきます。
 
 
酸化はシェリーにおいて悪い作用ではないのです。
 
むしろ、とても良い風味になるのです。
 
この酸化熟成タイプ=「オロロソ」「パロ コルタド」、
フロール下で熟成したタイプ=「フィノ」「マンサニーリャ」、
その中間=「アモンティリャード」と分類されます。
 
詳しくは後述します→「シェリーの種類」

 

ソレラシステム

 
シェリーのワイナリーには、貯蔵樽が三段から四段以上に積まれています。
 
 
瓶に詰める際に、一番下の樽から取り出します。減った分を下から二段目の樽から補充します。
 
 
二段目の樽の減った分を下から三段目の樽から補充します。
 
 
最上部の樽が出来たての若いシェリーであり、同じように下へ下へと補充していくのです。
 
 
この工程を「ソレラシステム」といいます。
 
 

こうすることで若いシェリーが熟成を経たシェリーと混ざり、独特な風味がついてくるのです。

 

 

シェリーのブドウ品種

3種類のブドウで造ることが規定されてます。

 

パロミノ種(Palomino)

シェリーを代表する品種。皮が薄く、色は黄色がかった緑、香や味はほとんどなく、辛口シェリー専用品種です。
 

ペドロ・ヒメネス種(Pedro Ximénez)

含有糖度が酸度より高く、皮が薄く、ドライフルーツのような凝縮した甘みを引き出せる極甘口のシェリー専用品種です。
 

 

モスカテル種(Moscatel)

日本でも栽培されている「マスカット」です。
アフリカが起源といわれています。
 

 

ベネンシアドール

ベネンシアという長い柄杓を使って樽からシェリーをくみ出し、グラスに注ぐこの地方ならではの伝統の技です。

 

フロールの下からくみ出すために長い柄杓となってます。

 

 

シェリーの種類(タイプ)

辛口

フィノ

ゴンザレス ティオペペ (辛口タイプのシェリー) 750ML 1本

辛口で軽い口当たりが特徴で、食前酒の定番です。

 

規定アルコール度数15~18%、熟成期間は3~4年。

 

例外で5~6年熟成させたものもあります。一般的に黄みがかった麦わら色と表現されます。

オードブルやタパスによく合います。

 

ぺぺおじさんの愛称で有名な「ティオペペ」が一番ポピュラーですね。

 

 

マンサニージャ

マンサニージャ ラ ヒターナ NV/イダルゴ ラ ヒターナ 750ML 1本

フィノでもサンルカール地区で熟成されたものだけをマンサニージャと呼びます。

 

規定アルコール度数15~19%、3~10年の熟成期間が標準で、フィノより淡い色で軽やかでデリケートなワインです。

 

タパスやマイルドなチーズによく合います。

アモンティリャード(アモンティジャード)

ルスタウ アルマセニスタ アモンティリャード デル プエルト 1/10 NV 500ml LUSTAU ALMACENISTA AMONTILLADO DEL PUERTO 1/10 GONZALES OBREGON.2904

琥珀色で柔らかな辛口、軽やかな風味があります。

フィノとオロロソの中間で、フィノの熟成タイプです。

 

規定アルコール度数16~22%、熟成期間が長いほどアルコール度数も高くなります。

 

コンソメスープなどスープ全般、熟成チーズ、中華系ソースの料理に良く合います。

オロロソ

オロロソ モンテアグード シェリー 750ml [スペイン/白ワイン/辛口/フルボディ/1本]

辛口で重厚な味わいです。規定アルコール度数17~22%。

 

フロールなしで酸化熟成しているために、ブランデーみたいな色で、香り豊かで味わいはまろやか、力強さを感じられます。

 

ジビエ料理などのしっかりした赤身肉、熟成チーズによく合います。

 

パロ・コルタド

エミリオルスタウ アルマセニスタ パロ・コルタド・デ・ヘレス 500ml シェリー 辛口 [ベリー・ブラザーズ&ラッド輸入]

柔らかな辛口で重厚な味わいです。

規定アルコール度数17~22%。オロロソのコク、アモンティリャードの香りを持つ、個性的なワインです。

 

極甘口

ペドロヒメネス

イダルゴ ペドロヒメネス・トゥリアナ 750ml [スペイン/赤ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]

ペドロ・ヒメネス種単独で生産されます。

 

凝縮された甘さと濃い色合いが特徴であり、色合いはブレンドコーヒーやエスプレッソに近いです。

甘みと酸味のバランスが取れてます。

 

規定アルコール度数は15~22%。

 

デザート、チョコレートやブルーチーズに合います。

甘口

ロマテ イベリア クリーム/シェリー

 

辛口と極甘口をブレンドしたものが甘口です。

特にイギリスで人気があり、ブレンドする辛口/極甘口の種類によって、ドライ、ミディアム、ペイル・クリーム、クリームなど、様々なタイプに分けることができます。

 

デザートに合わせるのが一般的ですが、フォアグラやフルーツ、スパイシーな料理や甘辛ソースにも合います。

 

ヴィンテージ・シェリー

エミリオ ルスタウ トゥルー ヴィンテージ1997 オロロソ 20.5度 500ml

 

年代もののシェリーです。

アメリカン・オークで熟成。ドライ・フルーツ、オーク樽を想わせる香り。

 

複雑だがバランス良く余韻が長い。やわらかくスウィート。

 

やや冷やして食後向きです。

スペインワインを代表する「シェリー酒」入門 徹底解説(保存版)のまとめです

シェリーって何?

シェリー(シェリー酒)はワインです

世界三大酒精強化ワインのひとつです。

シェリーの生産地はアンダルシア州

シェリーは、アンダルシア州カディス県ヘレス・デ・ラ・フロンテーラとその周辺の60社以上の製造工場で造られています。

製造方法

フローラ(産膜酵母)

フローラによって独特の香りに仕上げます

酒精強化

ブランデーを加えてタイプ別に仕上げていきます。

ソレラシステム

下の樽から使用し、上から順番に補充していきます。

シェリーのブドウ品種

パロミロ種、ペドロヒメネス種、モスカテル種 の3品種のみ認められています。

ベネンシアドール

ワインを注ぐ伝統の技です。

シェリーの種類(タイプ別)

辛口

フィノ、マンサニージャ(マンサニーリャ)、アモンティリャード(アモンティジャード)、オロロソ、パロ・コルタド

極甘口

ペドロヒメネス、モスカテル

甘口

ヴィンテージシェリー

 

以上、世界を駆け巡るワインアドバイザー

 はぎおまさる

 がお届けしました。

 see you!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です