新世界ワインのオーストラリアワインは旨い!オススメ5選

 

どうも!!ワインアドバイザーのはぎおまさるです!

 

日本全国津々浦々、転勤で30有余年住み歩き、時折世界のワイン産地を尋ね歩いた経験を発信しています。

 

今回は豪州、オーストラリアです。

 

オーストラリア、行ったことありますか?

 

新世界ワインを牽引するこの地のワイン、技術革新が目覚ましく、高品質のワインをリリースし続けています。

 

高品質なワインを中心に、リーズナブルでコスパに優れるオーストラリアワインをご紹介しましょう。

 

※「オーストラリア」を便宜上、ところどころ「豪州」と表記させていただきます。

 

 
ヨーロッパやアメリカなど大国に目を奪われがちですが、
国土でいえばオーストラリアはなんと世界で6番目に大きな国なんです。
 
 
世界地図を見ればわかる通り、熱帯から温帯にかけて国土が広がり、世界の気候のすべてがオーストラリアにあると言われるほど、多種多様な土壌を有します。
 
 
オーストラリアワインの生産量は(毎年変動しますが)、イタリア、フランス、スペイン、アメリカに次ぐ世界で5番目に多い生産量を誇っています。
 
 

オーストラリアワインのブドウ品種

 

 

主要品種は、黒ブドウはシラーズ

シラーズだけでも覚えてこの投稿を閉じていただいても構いません!!

 

カベルネ・ソーヴィニヨン、白ブドウはシャルドネ、セミヨンが特に有名で、世界のワイン市場の中でもその生産量と質の両方において重要な役割を果たしています。

 

オーストラリアワインのブドウ産地

 

 

「オーストラリアワインで重要な産地はどこでしょう?そしてそのポイントを答えなさい」
 
とソムリエ協会の試験で出題されたならばどう答えましょう?
 
⇒答えは、
 
 
「オーストラリアワインの代表的な産地は、南オーストラリア州のバロッサ・ヴァレーです。
 
豪州を代表する品種シラーズによる力強さとコクのあるワインを算出します」
 
 
と答えることが出来れば100点です。
 
 
バロッサ・ヴァレーを代表する「南オーストラリア州」の他に、「ニュー・サウス・ウェールズ州」「西オーストラリア州」の3地域が主なワイン産地となります。
 
それぞれの産地の特徴をみてみましょう。
 

南オーストラリア州

 
 
南オーストラリア州を代表するのが、「バロッサ・ヴァレー」と「クナワラ」の2つです。
 
「バロッサ・ヴァレー」のワインの特徴は、フルボディの赤、酒精強化ワイン、
芳醇な白が産出され、圧倒的に生産量が多いぶどう品種はシラーズで、最高級クラスのワインがつくられるところです。
 
黒果実の風味、ソフトなタンニンとなめらかで濃厚なまろやかさが特徴で、長期熟成にも耐えられます。
 
その他、カベルネ・ソーヴィニヨン、グルナッシュ、ムールヴェードル、リースリング、セミヨン、シャルドネなどが栽培されています。
 

また、フランスのボルドー地方と気候が非常に似ているのが「クナワラ」地方。雨が少なく、ブドウをゆっくりと熟成させてから収穫することができるため、最高品質のカベルネ・ソーヴィニョンが作られます。
 
 
しっかりとしたタンニンを感じる個性豊かな赤ワインがクナワラ地方のワインの特徴です。
 

ニュー・サウス・ウェールズ州

 

オペラハウスで有名なシドニーを中心に広がるニュー・サウス・ウェールズ州は、オーストラリア最大の人口を有する世界都市です。

 

ニュー・サウス・ウェールズ州を代表する「ハンターヴァレー」は、暑くて湿度が高く、また収穫期に雨が降ることも少なくありません。

 

しかし、海からの冷たい潮風が内陸部まで届き、午後には雲が広がることで、よりマイルドな気候となり、ブドウの成熟を促してくれます。

 

また、赤土やローム質の土壌がシラーズの栽培に、砂質の沖積土壌はドライスタイルのセミヨンの栽培に適しています。

 

西オーストラリア州

 
「マーガレットリヴァー」などのワイン産地で知られる西オーストラリア州は、オーストラリア最大の州です。
 
パースから南の海岸沿いは地中海性気候で、ブドウ作りにも適した気候となっています。
 
この地域のワイン生産量は多くはありませんが、品質はトップクラス。
 
熟成された果実味やミネラル感のある独特の口当たりが特徴です。

ワインの傾向としては、カベルネ・ソーヴィニョンやシラーズを使用したパワフルな赤ワインがお好きな方、シャルドネやシュナン・ブランを使用した個性的な味わいの白ワインがお好きな方におすすめです。
 
それではそれぞれの特徴をよく表しているオススメ豪州ワインのご紹介です。
 

オーストラリアワインのおすすめ5選

 

トルブレック・ウッドカッターズ・シラーズ 2017

 


トルブレックは、バロッサ・ヴァレーに残る古いヴィンヤードを見つけ出しては再生し、驚くほどの凝縮感と複雑味をもつ力強いワインを造り続けています。

 

土地、気候、品種を重視するトルブレックは、まるでオーケストラの指揮者のように、全ての要素に耳を傾け、素晴らしい音色を奏でる紛れもないオーストラリア屈指の銘醸ワイナリーです!!

 

数年前、現地ワイナリーを訪問する機会があったのですが、これほど有名なワイナリーでありながら、醸造スタッフは頭からつま先までブドウまみれになりながら、昔ながらの醸造方法でワイン造りをしている

 

その姿に感動しました!!そんな昔ながらの製法で丁寧に造られるトルブレックのワインは世界中で大絶賛され、高い高い評価を獲得しています!!

 

特にアメリカの有名評論家、ロバート・パーカー氏は、最大級の賛辞をトルブレックに惜しみなく捧げる、

 

パーカー氏お気に入りの造り手です!!

 

ローガンアップル・ツリー フラット シラーズ

 

 

標高が高い地区のシラーズを使って、フレッシュさを重視した、同社のカジュアルシリーズの一つ。

 

はっきりした赤系の果実味とスパイス香に、ボディと滑らかさのある味わいです。(写真のヴィンテージは変更になる可能性があります。)

 

滑らかで、コクのあるデイリーワインをお探しの方には超オススメです。

 

あと一クラス上のハウスワインをお探しのレストランにもうってつけ!まろやかで、おすすめしやすく、抜栓翌日もヘタることなく素晴らしい味わいが楽しめます。

 

ヴィライン カベルネ・ソーヴィニヨン

 

南オーストラリアのマクラレン・ベイルにて、カベルネ・ソーヴィニヨンを作ることは

 

 

とても難しいのですが、昔からこのブドウ品種に最適と言われている地区を、

 

永年にわたり豊かに耕し、品種の特徴とも言えるミントとドライハーブを維持してきました。


そして味わいの良いカベルネ・ソーヴィニヨンは何とも言えない香りがよぎります。

 

またマクラレン・ベイルの赤ブドウは果物特有の甘さがあります。

 


その心地よい香りと甘み、両方を併せ持っており、ドライなヴァラエタルワインのタンニンを包んだような独特な魅力を感じさせてくれます。

 

 

とろとろ煮込んだお肉料理にピッタリです。

 

ロンズデイル リッジ シラーズ

 

ハートのラベルがかわいい💛

 

良く熟したブルーベリーやプラム、ブラックペパーのようなスパイシーな香り、

いきいきとした果実味、

なめらかなタンニンがバランスよく仕上がっています。

(実物は現行の最新のものになりますので、ヴィンテージやエチケットが写真とは異なる場合があります)

 

ジョゼフ・クローミー・シャルドネ 2016

極上の白ワインをお探しの皆様!

特に絶品シャルドネに目がないという方は、絶対にお見逃し無きように!!

いまならGETできるのかも・・・

 

最後にご紹介するのは、なんとなんと!!わずか3290円にして

 

イギリスの権威あるワイン専門誌、[デキャンタ]が毎年開催する、

 

世界最大級のワインコンテスト、≪デキャンタ・ワールド・ワイン・アワード 2013≫

 

において超難関にして最高の評価となる、

 

  【インターナショナル・トロフィー】

 

を獲得した経歴をもつ、まさに、『世界でもっとも美味しいシャルドネ!!!!!』

 

(*^_^*)

 

であることが証明された珠玉のシャルドネです!!!このワインの色調は艶やかなワラ色。豊かに香るシトラスや白桃、オーク由来のクリーミー
な舌触りとバニラのニュアンス現われバランスのとれた酸と長い余韻が楽しめます。

 

手摘みされたブドウは圧搾後、果汁は清澄されずにそのまま樽へ移されます。

 

 

樽は全てフレンチオークで、約3分の1は新樽を使用し残りは1~2年目の旧樽を使用しています。

 

発行中はより複雑味を与えるため毎週攪拌作業を行います。

 

 

その後、ワインは12ヶ月間樽で熟成され、更に瓶詰め後12ヶ月の瓶内熟成を経て出荷されます。

 

新世界ワインのオーストラリアワインは旨い!オススメ5選 まとめです

オーストラリアワインとは

オーストラリアワインの特徴、産地、ブドウ品種

南オーストラリア州のバロッサ・ヴァレー

おすすめワイン

トルブレック・ウッドカッターズ

ヴィライン’ カベルネ・ソーヴィニヨン

ブロンズデイル リッジ シラーズ

ローガンアップル・ツリー フラット シラーズ

ジョゼフ・クローミー・シャルドネ

 

次の記事です

ニュージーランドワインの特徴とは?日本人も活躍?オススメワイン8選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です